スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食のこと考えます

軽~い気持ちで参加することにした「食育講座」。
調理実習もあるし、
アトピっ子にこにこでお世話になっている「阿南先生」や
気になっていたスローフドークリエイターの「奥野ひろみさん」が
講師に来られることもあって、参加を決めました。

初回を終えて、食のこと、すごく考えるきっかけになりました。

食物アレルギーを持つとっちーのおかげで、
国産のもの、添加物の少ないもの、食べられない物があるなかでの栄養の取り方、って
食べ物のこと考える必要はありました。
他の子供と同じものを食べさせてあげたい、っていう思いから
一生懸命コピー食を作ったり、食べられるお菓子を探したり・・・。

今回の奥野ひろみさんは、
アレルギーの子は今の食生活ではダメだよ、って気づきを与えてくれた選ばれた子なんだよ。
ってお話ししてくれました。

私も、そう思ってた。

アレルギーであることは、つらい悲しいことじゃない。

食べたことで、かゆみや苦しみがあるのはつらいことだし、、
人と同じものを食べられないことで、悔しかったり、うらやましい思いをしたりすることは
子供にとってはうれしい経験ではないと思う。
でも長い将来を見たとき、この子は絶対強いからだ、健康な体でいられるだろうなって思う。

そのことを改めて納得させてくれるお話でした。

日本人の体には牛乳やチーズなどの乳たんぱくは必要ではなく、
農耕民族の日本人には、ごはん・お味噌汁・漬物を食べることで、
体に必要なアミノ酸、タンパク質が十分に取れるのだそうです。

そして命のエネルギーをいただく。
それは、地元の新鮮なお野菜や魚介をまるごといただくこと。
お野菜には作っている地元のお百姓さんのパワーが詰まっているそうです。
新鮮な野菜や魚介が手に入るこの地域に住んでいる特権かもしれません。
エネルギーを感じながら食べ物をいただきたいな、って思いました。
スポンサーサイト

レインボー 夏祭り

アレルギーっ子にとって夏祭りに行っても
たくさん並んでいる出店の中で食べられるものってほんのわずか。

サークルや地域の夏祭りではお友達が食べているものが同じようにたべられないから
ちょっと寂しい思いもしたりするかなぁ。

それでもとっちーは栗や、サツマイモフライ、カキ氷なら大丈夫なので
お祭りに行くと、テンション上がるよねー。

今回とっちーはパパと貝塚の蒲団太鼓を見に行ったので
あゆたんと夏祭りに来ました。


あゆたんがテンションUP~~~♪

わたあめ

わたあめ、自分で作っちゃいます。

たいやき


ミニたい焼き作って来てくれました。
朝から100個だって!!
ありがとう~。

たいやき食べる
あゆりの大好物です。

その他、カキ氷、モッフル や
 輪投げ、魚釣り、ボーリングなどのゲームも用意してくれていて
とっても楽しい時間を過ごせました。

米粉の型抜きクッキー

型抜きクッキーに挑戦!
型抜きクッキー1

今回は「アトピッ子お料理ブック2」から

米粉クッキーのレシピを参考にしました

●米粉150g
●かぼちゃパウダー 大1
●重曹 小さじ1/4
●砂糖 大3
●オリーブ油 大3
●水 大4強

レシピ中のバニラエッセンス1滴 と レモンの絞り汁 少量 は使用せず

プラス
●A1マーガリン 大2

分量を半分にわけ かぼちゃパウダーとココアパウダーの2種類を作りました。
サクサク感が欲しくて、米粉の一部にタピオカ粉を使用。
作りながら、どうしてもポロポロになってしまってまとまらず、
急遽 A1マーガリンを足すことに!

そーしたら、
しっとり生地が完成!

ラップにはさんだまま、生地を伸ばし
念願の型抜きが成功~~~!!!

初の試みだったし、混ぜ加減もきになりつつ
とっちーとあゆたんは 横から「手伝いたい~」って大騒ぎ。
大格闘の上たどりついた型抜きでした。。。

型抜きクッキー2

それでも仲良く型抜きしてました。

型抜きクッキー3

薄めに伸ばして作ったほうがサクサク感がでてたかな。

トンボ池公園 遠足

アレルギーっ子の会、「レインボー」と「にこにこ」の共同企画で

蜻蛉池公園へ遠足に行きました♪


アレルギーっ子の会は、みんなの情報交換の場で

いろんなアレルギーを持ったお友達と出会えて

それぞれみーんな同じように、大変な思いして子育てしてきて

励ましあえるし、みんながんばってるんだ、って

パワーももらえます。



はやとのアレルギー「小麦・乳・卵・ゴマ・ピーナッツ」(大豆は4歳に解除!)は大変だけど、

お米、とうもろこし、魚や 香料、水あめなんかもダメなお友達もたくさんいるから

そう考えると、まだまだ楽なほうだなって思う。

遠足では、みーんなどんなお弁当なのかなぁ~って見せてもらったり、

子供たちがみんなでオヤツを交換したり(食べられるかは必ず確認!!!)

一緒に食べたりするのは、アレルギーっ子の会であればこそ。

芋けんぴ、ポン菓子、ポップコーン、米せんべいなど

素朴なオヤツをみんなで分け合ってました。



蜻蛉池公園、トンボの遊具のある子供の国に新たに蝶の遊具が誕生して

週末は大賑わい。というより、人多すぎ~~。

今回は集合した大芝生広場は、穴場だったようで遊びやすかった!

この春に滑り台と子供遊具が出来たので、子供たちは何度も巨大滑り台へ。

何度も滑り台への山を登り、すっかり疲れきったママたちでした・・・

とんぼいけ1

とんぼいけ2


トンボ??(ちょっと巨大なイモムシみたいな・・・)のお弁当
とんぼいけ3

ドュラムセモリナ粉 15本

2011.04.28セモリナ粉

5月からセモリナ粉解除中。
病院で2センチ。
大丈夫だった!!!

生後7ヶ月のとっちーがそうめんを食べて
吐いて、全身の蕁麻疹になった恐ろしい記憶があったので、
小麦の解除は最後かなぁっと思ってただけに
とってもびっくり。

倍々で増やしてね、といわれたものの、ちょっと怖くて
2本、4本、6本・・・と少しづつ。

最初は味見みたいに食べてたとっちーも
だんだん、「なんか味ないよー」と言い出して、
ナポリタン風や、アンパンマンハヤシ、をかけることに。
朝ごはんがパスタになる勢い。。。

でもこれがクリアすれば、イタリア料理やさんも夢じゃないなぁ~~♪


といいつつ、大きな失敗も。

タマゴのアレルギーだけのあゆたん。
とっちーが幼稚園行ってる間に、ちょっとランチ♪
って、行きたかったパスタやさんに。

なんと麺にタマゴが練りこんであった。。。
一緒に出してるパンもタマゴが入ってないのは1種類だけですって。
スイマセン。。。ってお店でました。

その後いったこじゃれ気味の和食やさんでも
お子様ランチは、ハンバーグや卵焼きやエビフライ。
ぜーんぶタマゴ。
大人のライスとお豆腐たべさせました。

タマゴだけでも、外食って簡単じゃナイんだー。
甘かったなぁ。
とっちーのようにたくさんのアレルギーがあって大変だけど、
1つのアレルギーでもあったら、やっぱり大変。
どんなアレルギーっ子のママも苦労してるんだよね。

実感した1日でした。
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06 08
プロフィール

とっちーママ

Author:とっちーママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。